不妊の原因に上る排卵妨害

多嚢胞性卵巣症候群は、不妊症の大きな原因の一環といわれている排卵妨げのことです。奥様の卵巣内で卵胞が賢く伸展できない結果、正常な排卵が行われづらくなっています。

多嚢胞性卵巣症候群で正常な排卵が行われない原因のひとつに、卵巣インサイドのメンズホルモン値が高い結果といわれています。メンズホルモン値が高いのは、血糖値を下げるインスリンというホルモンと、奥様ホルモンのひとつである黄体ホルモンが、卵巣に強い刺激を与えているからだと考えられています。
また、二つ生じる奥様ホルモンのバランスが崩れていることも、多嚢胞性卵巣症候群の原因のひとつです。

近年では、多嚢胞性卵巣症候群の診察にピニトールという材料が使われてある。ビタミンBの一種で、卵巣インサイドのインスリン感度を高め、ホルモンバランスを整える働きがある材料です。西洋では排卵倍加の反響が認められ、不妊治療に大きく利用されてある。
ピニトールが含まれている食品は、大豆物やルイボスティーです。懐妊を考えている女性の方は、いつもの水物を豆乳やルイボスティーとしてみてはいかがでしょうか。ホームページ